治療を受けることで脳梗塞などの病気を解消する~医療技術の進化~

細胞培養でできた細胞

看護師

プライマリーセルとは細胞培養で開発された初代の細胞でして、その細胞を利用した研究が進められ難病に苦しみながらも耐えている人への治療ができるよう、時間やお金をかけながらもさらなる開発に向けて努力しているのです。

Read More...

健康になるために

病院

新宿には、腕の良い内科医師が多くあつまっています。なので安心して通院することが可能です。また、いざと言う時の為に、かかりつけ医をしっかりと見つけ、夜間救急病院などの場所もしっかりと確認することも大切です。

Read More...

腸内を知るために必要です

男性

検便検査によって、腸内の細菌などを知ることができます。これによって、感染症などのリスクを減らすことが可能です。細菌以外にも、検便検査は他の病気になっていないかを調べるために必要とされています。今後も利用されていく可能性が高いです。

Read More...

発症してしまったら

悩み

急性期の処置

脳梗塞の治療は急性期であれば脳動脈に詰まってしまった血栓の除去に力が入れられます。検査を行って薬剤が体に合えば薬剤を投与して血栓を溶かす処置が行われます。ですがこの薬剤は投与する時間が発症後数時間でないと効果が出ないために、病気を発症してしまってから相当の時間がたっていればこの治療は行われません。昨今は腿の付け根からカテーテルを差し込んで脳内の血管から直接血栓を取り除いてしまう方法も開発されています。突然に倒れこんで意識がない状態になれば脳梗塞を疑ってみて、躊躇することなくすぐに専門医がいる病院に運ぶことが大変に大切になってきます。脳梗塞の治療は時間との戦いといっても過言ではありません。治療が遅くなれば身体に受けるダメージも深刻になります。

慢性期の処置

薬剤の投与もできないくらい倒れてしまってから時間がたっているのであれば、次は脳細胞の壊死に伴う脳浮腫に対する処置が行われます。死んでいく脳細胞は脳の中で膨張をしてしまい脳内の圧力が高まってきます。正常に機能している脳細胞にダメージを与えないためにも、死んだ細胞が膨張しないような処置が行われます。脳浮腫に伴って脱水症状も起こってきますからその処置も並行して行われることになります。脳梗塞は再発してしまうことが多くある病気で、慢性期になれば徹底した血圧の管理と今後血栓ができにくくなる治療が行われます。血液の流れをサラサラにするために薬剤を投与していつまでも血液の流れをサラサラにする処置が行われることになります。